パジャマでお風呂

J-UNITの久我拓人のYUNYUN日記

悲しみよさよなら

もう泣かない。


頭痛。
朝起きて、頭痛がした。
頭痛は、個人的にすごい怖い。
だって、痛いのは頭であって、そこには脳しかないのだから。
厳密には血管やら色々とあると思うし、脳には痛覚がないっていうし。
だから、怖い。
いったい何が痛んでるんだ、と。


お目汚しを。

読了した。
2日かかった。
先に感想を述べると、つまらなかった、です。
だから、一気に読むこともできなかった。
で、何が面白くなかったのか、考察してみた。
まず9巻から間が空いていたこと。
前後編なのに、間が空きすぎて熱量が冷めてしまったこと。
次に、登場人物の多さ。
これは俺がおじさんになったせいでもあるのだが、お前誰だってけ?ってキャラがちらほら。
それを思うと、ログ・ホライズンの都度設定説明してくれる書き方はありがたいのかな、と思った。
あとは、全編を通して暗かったかな、と。
メインヒロインである少女は活躍しないわ、主人公以外のターンが多いわ、リリちゃんの出番が少ないわ。
一番ヤキモキしたのは、「いや思えら、喋れよ!」ということ。
肝心なところで、なにモンスターぶってるの? 憧れた地上でしょ!? 喋っちゃいけない約束でもあったっけ!?
あったら、ごめんなさい。
でも、重要なところで意思疎通を図らなかった理由がサッパリと見えてこない。
動揺を誘うとか、色々とできたはずなんだ。
どうしてしなかった!? と、イライラしたくらい。
で、読み終わってから思ったこと。
「リューさん達のシーン、必要……?」
です。
10巻はそれなりに分厚い。
だが、あのシーンは本当に必要だったのか?
そこで死ぬのなら、分かる。
無事に生き残ってるなら、いらなかったんじゃないか? と、思った。
事後に、ボッコボコにされました、の一文で済んだはず。
ここは編集なにやってんだ? と思った。
11巻以降の凄い伏線になってるんだったら、誤ります。
ていうか、きっとたぶん伏線なんだと思う。
だから、お門違いの文句を言っているんだと思う。
でも、そう感じたので、言っておきます。

あと、あとがきで『800年成功しないザオラル』って表現があるんですけど。
それもうザオラルじゃねーよ、Wizardryの『Di』って魔法だよ。
死体を灰に変える魔法と言われてて、失敗すると生き返るって言われてるほどの魔法だよ!
ていうか、どうして800年間一度も成功しなかった魔法が、ここにきてこのタイミングで成功すんだよ!
理由を述べろよ、神様ぁ!
やたらめったら都合よく奇跡つかってんじゃねー!!!
と、思わなくもない。

というわけで。
どうしたんだ、もっと面白いのを書けるはずなのに、どうしたんだ、がんばってくれ。
っていう応援を草葉の陰から、自分のことを全力で棚にあげといて、言わせてもらいました。
不快に思ったかた、ごめんなさい。
以上。


スポンサーサイト
  1. 2016/05/21(土) 00:02:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<かんちがい | ホーム | ご冥福を。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://junit.blog118.fc2.com/tb.php/2380-60c8e62a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

活動関連

同人活動予定と発行物
イラストと小説
小説家になろう投稿作品
とらのあな通販
メロンブックス通販
メロンブックスDL販売
DLsite.com DL販売

プロフィール

久我拓人

Author:久我拓人
J-UNIT、久我拓人です。
PIXIVや小説家になろうに投稿してます。
同人誌もあるよ~☆
 
次回即売会は、
  
例大祭 
 
の予定です。
  
メロンブックス様にて既刊本を通販できます。
 
お仕事、ゲスト原稿依頼、感想などは、
yun_varunaあっとまーくhotmail.com
に、どうぞ♪

Twitter

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

RSSリンク

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する