パジャマでお風呂

J-UNITの久我拓人のYUNYUN日記

空論

ですくわーく。


感情論。
昨日の感情論が気になったので、改めて思考してみた。
感情論で物事を語っていいのか悪いのか。
良い物としてはお笑いがそうじゃなかろうか、と。
おもしろい、おもしろくない、で判断するのがお笑いだ。
それは理論で説明すると何も面白くなくなる。
つまり、感情論の最たるものだ、と思う。
逆に、お笑いを理論で語ってみるのも面白いんじゃないか、と思った。
人を笑わせる理論。
つまり、さんまさんが言ってた『間と急』、あと『ギャップ』、それから動きとリズムじゃないか。
間と急とギャップは組み合わされて使われている。
例えば、
「今日久しぶりに贅沢しよう……」と、ためておいて、「マクドナルドだ」、と続ける。
ためてる間に聞いてる人は、贅沢なものを想像する。
でも、マクドナルドっていう庶民派な食べ物が出てきた。
この落差、つまりギャップによって、人の心を掴み、あとはツッコミで決める。
うんうん。
あとはリズム系なんかは分かり易い。
いわゆる「おーまーえーはーあーほーかー」の系譜?
昔のは良く知らない。
オリエンタルラジオが注目されたのは、ラップで初めてやったから。
小気味よいリズムと、武勇伝という名の割りにへしょぼい、っていうギャップの合わせ技。
ギター漫談とかと違い、次々とネタがやってくるのも強み。
そういう意味ではノンスタイルのスタイル(ダジャレもお笑い要素ではある)はリズム系といってもいい。
次々と繰り出される白い人のボケが面白いわけだ。
8.6秒バズーカのネタも、わかりやすい。
意味不明なことをリズムに合わせてボケとツッコミにわかれてるだけ。
あれを普通の漫才でやっては全く面白くないが、歌にあわせることによって子供にウケる訳だ。
あとは決め台詞なんかあると強い。
小峠の「なんて日だ!」とか、おかずくらぶの「これが貴様らのやり方か!?」とか。
耳に残るフレーズで、ついつい待ち通しくなってしまう。
これもまたリズムなのかもしれない。
あとは、トークさえ出来れば生き残れるだろう。
その際には、ツッコミの人間もボケをやらなければならない。
基本的にはMCがツッコミになるので、ツッコミ役の人もボケが出来れば生き残れる。
さまーずの三村みたいな感じ。
んで、昨今の芸人に「大学生みたいな乗りで」とかいうのはお門違い。
逆なのだ。
昨今の大学生が「芸人みないな乗り」をしているだけ。
内輪ネタばっかり?
その内輪ネタっていうのは、誰も知らない人物の話だ。
知っている人のプライベートの話は、内輪ネタとか言わない。
以上。
お笑い論でした。


って感情論どこいった!?


っていうのがノリツッコミ。
素人がやれば大火傷する技だ。
自分を面白いと思っている学生諸君。
是非ともノリツッコミに挑戦してくれたまえ。
ハライチの澤部って凄いんだぜ。


スポンサーサイト
  1. 2015/09/20(日) 22:47:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BからZ | ホーム | 感情論>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://junit.blog118.fc2.com/tb.php/2205-defa11b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

活動関連

同人活動予定と発行物
イラストと小説
小説家になろう投稿作品
とらのあな通販
メロンブックス通販
メロンブックスDL販売
DLsite.com DL販売

プロフィール

久我拓人

Author:久我拓人
J-UNIT、久我拓人です。
PIXIVや小説家になろうに投稿してます。
同人誌もあるよ~☆
 
次回即売会は、
  
例大祭 
 
の予定です。
  
メロンブックス様にて既刊本を通販できます。
 
お仕事、ゲスト原稿依頼、感想などは、
yun_varunaあっとまーくhotmail.com
に、どうぞ♪

Twitter

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

RSSリンク

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する